カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

P&M 代表 菊竹 進

Tシャツショップ「P&M」
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-2 アンドウビル4F
吉祥寺駅南口(公園口)を右に出て5軒目(マクドナルド→ファミリーマート→古本→パチスロ→VAPE STUDIO 4階)
open 11:00-19:00
不定休
tel 0422-24-9017

300以上のデザインの中から選んでその場でTシャツにプリント!20分でお渡しします。
デザインレーベルは、スモールデザイン(シンプル&パロディ)、ジジ(時事ネタ)、スーベニア吉祥寺(吉祥寺ネタ)の3つ。
お気に入りのデザインを見つけよう。

菊竹進
 1972年 福岡生まれ。
 家具工場を営む父からアート、デザイン、建築を教わる。
 福岡大学法学部在学中(1991年〜)に現代美術とデザインを学び、卒業後印刷会社に勤めながら社会問題をテーマにした美術活動を続けるが製作のためにお金だけが出ていく日々が続く。そんな中、時事問題を風刺したデザインをプリントしたTシャツの製作(2002年〜)とネット販売を始める(04年〜)。
 03年 結婚。朝日新聞勤務後、本格的にTシャツを売り出すため上京(06年・池袋へ)。
 吉祥寺へ移転(09年)、マイクロソフトを退職して独立(10年)。吉祥寺駅前で「吉祥寺Tシャツ」の路上販売を開始。
 11年 渋谷に店舗をオープン。「ホリエモン収監の日のためのTシャツ」がテレビで大きな脚光を浴びる。
 14年 吉祥寺駅前に工房を併設したアトリエショップ「P&M」をオープン。
 現在は「P&M」で3つのTシャツレーベル(スモールデザイン、ジジ、スーベニア吉祥寺)のデザインとプリントを日々妻と2人で行う。

店長日記はこちら

モバイル

Feed

プルトくん ステッカー

無題ドキュメント

「プルトニウム検出」
東京電力は福島第1原発敷地内の土壌からプルトニウム検出と発表。
核燃料から放出の可能性がある。
2011/03/28 23:54 【共同通信】

「プルトニウム物語 頼れる仲間プルト君」
1993年に日本原子力研究開発機構が制作した広報用アニメ。

「プルト君」が、プルトニウムの平和利用や安全性を説明。 「プルトニウムは青酸カリのように飲んだらすぐ死ぬという劇薬ではありません」 「プルトニウムは水と一緒に飲み込まれても、ほとんど吸収されず、体の外に出てしまう」 「胃や腸に入った場合も、ほとんどが排泄されて体の外に出てしまいます」 「プルトニウムが原因でがんになったと断定された例はありません」などと解説している。原子力発電所広報施設などでだれでも視聴できるようになっていたが、国際的な批判を浴びのち絶版となった。

[デザイン解説]
プルトニウムの入った水をガブ飲みしながら「プルトニウムは安全だよ」と力説するプルトくんをイメージ。

サイズ:51mm×60mm(横×縦)

この商品を買った人はこんな商品も買っています

ピックアップ商品