カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

P&M 代表 菊竹 進

Tシャツショップ「P&M」
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-2 アンドウビル4F
吉祥寺駅南口(公園口)を右に出て5軒目(マクドナルド→ファミリーマート→古本→パチスロ→VAPE STUDIO 4階)
open 11:00-19:00
不定休
tel 0422-24-9017

300以上のデザインの中から選んでその場でTシャツにプリント!20分でお渡しします。
デザインレーベルは、スモールデザイン(シンプル&パロディ)、ジジ(時事ネタ)、スーベニア吉祥寺(吉祥寺ネタ)の3つ。
お気に入りのデザインを見つけよう。

菊竹進
福岡生まれ。大学で法律を学ぶ傍ら、時事問題をテーマに美術作品を制作。
2004年、「スモールデザイン」「jiji」をスタート、2006年、東京へ。
2010年、「スーベニア吉祥寺」をスタート。
2011年、「ホリエモン収監の日のためのTシャツ」がマスコミに取り上げられたことをきっかけに広く知られることに。
2012年、「スーベニア吉祥寺」の路面店をオープン。
2014年、吉祥寺駅前に移転。アトリエショップ「P&M」をオープン。
2016年、ぶらり途中下車の旅で紹介される。

店長日記はこちら

モバイル

Feed

iPS Tシャツ

[デザイン解説]
iPS騒動で渦中の森口氏。アインシュタインよろしくてへぺろしている様子をデザイン。

「iPS騒動」
2012年10月13日、日本人研究者の森口尚史氏が人工多能性幹細胞(iPS細胞)から心筋細胞を作り、米ハーバード大の暫定承認を受けて重症の心臓病患者に移植したと読売新聞が報じた。iPS細胞の生みの親である山中伸弥・京都大教授のノーベル医学生理学賞受賞が決まった直後で、その内容は大きく報道された。
事実であれば世界初の臨床応用だが、ハーバード大や手術の実施場所とされた同大系列のマサチューセッツ総合病院は関与を否定し、森口氏の説明も二転三転した。
虚偽報告だったと判断せざるを得ない。


価格:Tシャツ…2,900円
   ロングスリーブT…3,400円
   (XXLは+500円)
   
カラー:ブラック

素材:綿100%
   
サイズ:Tシャツ…110〜XXL
  ロングスリーブT…110、130、150、S〜XXL

サイズ詳細