カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

P&M 代表 菊竹 進

Tシャツショップ「P&M」
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-2 アンドウビル4F
吉祥寺駅南口(公園口)を右に出て5軒目(マクドナルド→ファミリーマート→古本→パチスロ→タピオカ茶珈匠 4階)
open 11:00-19:00
不定休
tel 0422-24-9017

300以上のデザインの中から選んでその場でTシャツにプリント!20分でお渡しします。
デザインレーベルは、スモールデザイン(シンプル&パロディ)、ジジ(時事ネタ)、スーベニア吉祥寺(吉祥寺ネタ)の3つ。
お気に入りのデザインを見つけよう。

菊竹進
 1972年 福岡生まれ。
 家具工場を営む父からアート、デザイン、建築を教わる。
 福岡大学法学部在学中(1991年〜)に現代美術とデザインを学び、卒業後印刷会社に勤めながら社会問題をテーマにした美術活動を続けるが製作のためにお金だけが出ていく日々が続く。そんな中、時事問題を風刺したデザインをプリントしたTシャツの製作(2002年〜)とネット販売を始める(04年〜)。
 03年 結婚。朝日新聞勤務後、本格的にTシャツを売り出すため上京(06年・池袋へ)。
 吉祥寺へ移転(09年)、マイクロソフトを退職して独立(10年)。吉祥寺駅前で「吉祥寺Tシャツ」の路上販売を開始。
 11年 渋谷に店舗をオープン。「ホリエモン収監の日のためのTシャツ」がテレビで大きな脚光を浴びる。
 14年 吉祥寺駅前に工房を併設したアトリエショップ「P&M」をオープン。
 現在は「P&M」で3つのTシャツレーベル(スモールデザイン、ジジ、スーベニア吉祥寺)のデザインとプリントを日々妻と2人で行う。

店長日記はこちら

モバイル

Feed

伊勢神宮 式年遷宮 Tシャツ

[デザイン解説]
2013年、20年に一度の式年遷宮を迎える伊勢神宮をモチーフにしたTシャツ。
西洋の建造物はピラミッドやパルテノン宮殿のように巨石で頑丈につくることで永遠を目指したのに対して、日本の伊勢神宮は20年ごとに建て替えることで永遠を実現しようとしています。
永遠に対する西洋と日本の考えの違いが神を祀る建造物に現れていて興味深いですね。
お伊勢参りのお供にもぜひ。

「2013 伊勢神宮 式年遷宮」
2013年、伊勢神宮で式年遷宮が予定されている。
式年遷宮では、神様をまつる建物、お供えする刀や衣類などの宝物が一新される。
新しい宮を今の建物の隣に造る、これを20年ごとに繰り返す。
今回の総費用は550億円。
記録によれば式年遷宮は、690年に第1回が行われその後、戦国時代の120年以上に及ぶ中断や幾度かの延期などはあったものの、およそ1300年にわたって行われている。

価格:Tシャツ…2,900円
   ロングスリーブT…3,400円
   (XXLは+500円)
   トートバッグM…2,900円
   トートバッグL…3,400円

カラー:ホワイト,杢グレー

素材:ホワイト…綿100%
   杢グレー…綿 80%・ポリエステル20%

サイズ:Tシャツ…110〜XXL
  ロングスリーブT…110、130、150、S〜XXL
 トートバッグ…M:幅30×高35×マチ10cm
 (内ポケットあり)
        L:幅39×高35×マチ10cm
(写真掲載はトートバッグMサイズ)

サイズ詳細



型番 JJ159
販売価格 2,900円(税込3,132円)
購入数
サイズ
カラー・袖

ピックアップ商品