カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

P&M 代表 菊竹 進

Tシャツショップ「P&M」
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-2 アンドウビル4F
吉祥寺駅南口(公園口)を右に出て5軒目(マクドナルド→ファミリーマート→古本→パチスロ→VAPE STUDIO 4階)
open 11:00-19:00
不定休
tel 0422-24-9017

300以上のデザインの中から選んでその場でTシャツにプリント!20分でお渡しします。
デザインレーベルは、スモールデザイン(シンプル&パロディ)、ジジ(時事ネタ)、スーベニア吉祥寺(吉祥寺ネタ)の3つ。
お気に入りのデザインを見つけよう。

菊竹進
福岡生まれ。大学で法律を学ぶ傍ら、時事問題をテーマに美術作品を制作。
2004年、「スモールデザイン」「jiji」をスタート、2006年、東京へ。
2010年、「スーベニア吉祥寺」をスタート。
2011年、「ホリエモン収監の日のためのTシャツ」がマスコミに取り上げられたことをきっかけに広く知られることに。
2012年、「スーベニア吉祥寺」の路面店をオープン。
2014年、吉祥寺駅前に移転。アトリエショップ「P&M」をオープン。
2016年、ぶらり途中下車の旅で紹介される。

店長日記はこちら

モバイル

Feed

佐村河内&ゴーストライターTシャツ

[デザイン解説]
現代のベートーベンはスタンド使い。
魂の旋律を奏でるスタンドの名は“ゴーストライター”!
...今話題の2人をそんなJOJOっぽい世界観でデザイン。
ズキュウウウン!

「“現代のベートーベン”別人作曲」
2014年2月5日、耳が聞こえないことから「現代のベートーベン」と呼ばれ、注目を集めてきた佐村河内守(さむらごうち・まもる)さん(50)の楽曲は、ゴーストライターが作曲していたことが明らかになった。
楽曲は多くの聴衆の感動を呼んでいただけに、出身地・広島市では「残念」など失望の声が漏れた。
CD、DVDの出荷停止などを決めた日本コロムビアは「驚愕しております」とのコメントを発表した。
「ゴーストライターをしていた」として、大学講師の新垣隆(にいがき・たかし)さんが2月6日、都内のホテルで会見を開いた。
新垣氏はその中で「佐村河内氏の耳は聴こえていた」ことを明らかにした。
佐村河内守氏は現在沈黙を守っている。

価格:Tシャツ…2,900円 +tax
   長袖Tシャツ…3,400円 +tax
   (XXLは+500円)

カラー:白,杢グレー

素材:白…綿100%
   杢グレー…綿 80%・ポリエステル20%

サイズ:Tシャツ…110〜XXL
  長袖Tシャツ…110,130,150,160,S〜XXL

サイズ詳細

型番 JJ239
販売価格 2,900円(税込3,132円)
購入数
サイズ
カラー・袖

ピックアップ商品